ドコモ光を知っていますか?NTTドコモがやってるネット回線のサービスです。

筆者が使っているのはドコモ光ではないのですが、広告代理店に勤めていた関係でドコモ光について調べたとき、料金や割引が分かりにくいと感じました。

ですが、「ドコモ光っていくらくらいで使えるんだろう?」「ドコモのスマホ(携帯)使っているし、ドコモ光がいいのかな?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこでこの記事では、ドコモ光の料金の仕組み、よりお得に使う方法についてとてもわかりやすく解説しますので、是非ご覧になってください。

ドコモ光ってそもそも何?

簡単に言うと、NTTドコモが提供しているネット回線です。

もう少し詳しく言うと、電話でおなじみのNTT西日本とNTT東日本が持っている光回線をレンタルして、NTTドコモが自分たちのプロバイダや独自のキャンペーンと一緒にして提供しています。

独自のキャンペーンとは、ドコモのスマホ(携帯)とのセット割があります。

プロバイダって何?

インターネットへの接続サービスを提供する業者引用元: 小学館

ドコモ光の料金の仕組み

ドコモ光の月の支払い

1つずつ解説していきますが、基本的に料金は戸建ての方で5,200円、マンションの方で4,000円で使え、さらにドコモのスマホ(携帯)とセットにすることで割引が受けられます!

月額基本料金

ドコモ光には大きく分けて3つの料金プランがあります。

  • [i class=”circle”][/i]タイプA; 料金が安いプラン
  • [i class=”circle”][/i]タイプB: 料金が少しだけ高いプラン
  • [i class=”circle”][/i]単独プラン: プロバイダは別に契約するプラン

ドコモ光の月額基本料金

プロバイダはインターネットの番人の役割をしていて、必ずどこか選んで使わなければなりません。

タイプAがタイプBよりも200円安く使えます。

「安いので大丈夫なの、、、?」と思うかもしれませんが、プロバイダは料金で品質が変わるわけではありません。

後ほどプロバイダの比較をしますが、ドコモ光で一番おすすめなプロバイダはタイプAの「GMOとくとくBB」です。

工事費(フレッツ光をお使いの方は無料!)

ドコモ光は現在フレッツ光をお使いの方なら工事費が無料で使うことができます。

フレッツ光でない場合、戸建ての方は18,000円、マンション(集合住宅)の場合は15,000円の工事費です。下記を使うとでご自身の工事費がわかります!

ドコモ光の工事費チャート

完璧にこの工事費と限ったわけではありません。目安としてご覧ください。

分割でも一括でも総額は変わりません。60回払いを選択した場合、毎月300円ずつ60ヶ月支払っていくということになります!

工事費には例外があることも

例えば、フレッツ光の1Gbps未対応のプランで使っていて、ドコモ光に切り替えるときに1Gbps対応にする場合などは工事が必要で、7,600円の工事費がかかります。

必ず申し込み時に確認するようにしましょう!

オプション

ドコモ光電話:500円/月

固定電話をドコモ光の回線で使うサービスです。

フレッツ光でひかり電話をお使いの方は、そのままドコモ光のひかり電話に移行できます。

アナログ電話の料金が月額2,000円ほどする中で、ドコモ光電話は月額500円で使えるので、この際にドコモ光にまとめてしまえば料金を安くできますよ!

ドコモ光電話バリュー(月額1,500円)というサービスもあり、「転送でんわ」「通話中着信」など固定電話にあると便利な機能をまとめて付けられます。

ドコモ光テレビオプション:660円/月

ドコモ光テレビオプションならアンテナを使わずにBSとCSを見ることができます。アンテナが不要なので、アンテナ工事をお考えの方はこちらを検討するとお安く済むかもしれません。

ドコモテレビオプション

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/tv_option/

ドコモ光テレビオプションとは別のオプションで、追加料金はかかりますがスカパー!などを楽しむことができます。

  • スカパー!セレクト5・・・2,223円/月
  • スカパー!新基本パック  ・3,790円/月
  • スカパー!光パックHD・・4,152円/月
  • ひかりTV ・・・・・・・・2,000円/月(ドコモ光テレビオプションは不要)

参考: 解約金はかかる?

インターネットを契約する上で気になるのが「解約金」ではないでしょうか?

ドコモ光は、解約時に下記のような料金がかかる場合があります。

  • [i class=”check”][/i]2年縛りを満たさなかった場合の違約金
  • [i class=”check”][/i]工事費を分割にしていた時の残高

まず、ドコモ光は2年縛りの自動更新です。更新月以外で解約をした場合、戸建てタイプは13,000円、マンションタイプは8,000円の違約金がかかります。

また、工事費を分割払いにしていた場合、解約時に未払い分を一括で請求されます。

ドコモのスマホ(携帯)とセットでお得になる!

ドコモ光には、ドコモのスマホ(携帯)とのセット割りがあります。ドコモ光もドコモのスマホ(携帯)も長く使って欲しいという思いから大幅な割引が受けられます。

2019年6月1日から開始になるプラン「ギガホ」「ギガライト」と、それまでのプラン「カケホーダイ&パケあえる」で割引の仕方が変わりますので、ご自身のプランを知ってどちらに当てはまるのかをしっかりみていきましょう!

下記では、「ギガホ」「ギガライト」と「それ以外」という形で割引額をみていきます。

ドコモ光と「ギガホ」「ギガライト」の割引額

ギガホ・ギガライトではドコモ光とセットにすることで、スマホ(携帯)料金から月々500~1,000円の割引が受けられます。

また、1台あたりで割引を受けることができるので、家族が多ければよりお得に使えます!

ドコモ光には複数のタイプがあり、ギガホ・ギガライトの割引を見るときは「ドコモ光 タイプ A/B/C/単独」 と「ドコモ光 ミニ」で分かれているので、ご自身が当てはまるのもを見てください!

ちなみに、大体の方は、ドコモ光 タイプ A/B/C/単独になります。

ドコモ光とギガホの割引額

ドコモ光とギガホの割引額はとってもシンプルです。

ドコモ光とギガホのセット割
ドコモ光
タイプA/B/C/単独
-1,000円/月
ドコモ光 ミニ-500円/月

ちなみに、ギガホは30GBで通信速度制限になりますが、お住まいでWiFiを使えばその問題はほとんど関係なくなります1

ドコモ光とギガライトの割引額

ギガライトは、プランによって割引額が変わります。うまく使うことで容量を多くした方がお得になることもあるので、しっかり割引額を見てお得に使いましょう!

ドコモ光とギガライトのセット割
ドコモ光
タイプA/B/C/単独
~5GB, ~7GB: -1,000円/月
~3GB: -500円/月
~1GB: なし
ドコモ光 ミニ~5GB, ~7GB: -500円/月
~3GB: -200円/月
~1GB: なし

ドコモ光と「ギガホ」「ギガライト」以外の割引額

ドコモのスマホ(携帯)で使っているパケットパックごとに以下のような割引を受けられます。

ドコモ光はドコモのスマホ(携帯)のパケットパックで割引額が変わる
家族向けのパケットパック
ウルトラシェアパック100-3,500円/月
ウルトラシェアパック50-2,900円/月
ウルトラシェアパック30-2,500円/月
ベーシックシェアパック~15GB, ~30GB-1,800円/月
ベーシックシェアパック~10GB-1,200円/月
ベーシックシェアパック~5GB-800円/月
1人向けのパケットパック
ウルトラデータLLパック-1,600円/月
ウルトラデータLパック-1,400円/月
ケータイパック ※最大1年間-500円/月
ベーシックパッ~5GB, ~20GB-800円/月
ベーシックパック~3GB-200円/月
ベーシックパック~1GB-100円/月

特に家族向けの「シェアパック」の割引額が月2000円以上と高いものもあり、2年間で5万円ほど割引が受けることもできます。

「シェアパック」は下記の画像のように家族向けで、お父さんの通信データ量を奥さんと子どもと分け合うことができるものです。

ドコモ携帯の家族イメージ

シェアパックの割引額はかなり大きく、最大月に3,500円の割引が受けられますのでチェックしましょう!

ドコモ光をお得に使うにはプロバイダ選びが大事!

ドコモ光がいくらくらいで使えるのか、またドコモユーザーの方がいかにドコモ光をお得に使えるかおわかりいただけたのでしょうか?

ドコモ光を使う上でよりお得に使うには、プロバイダ選びが大事です。

プロバイダであまり差が出ないと思われがちですが、ドコモ光の満足度、お得度を左右するのはプロバイダ次第といっても過言ではありません。

実際にどのプロバイダがお得かを確かめるために、全25種類のプロバイダを一覧にしてみました。

プロバイダを選ぶ上で大事なことは下記の5つで、これを元に比較しました。

  • [i class=”circle”][/i]独自のキャッシュバック
  • [i class=”circle”][/i]月額基本料金(タイプAかBか)
  • [i class=”circle”][/i]Wi-Fiルーター無料レンタルの有無
  • [i class=”circle”][/i]セキュリティ無料サービスの有無
  • [i class=”circle”][/i]高速通信ができるか(v6プラスやIPv4 over IPv6対応か?)

「プロバイダはどれでもいいよ!」という方は、上4つだけ目を通しておいてください!

「v6プラス」や「IPv4 over IPv6」って何?

インターネット通信が遅くなりがちな夜間などでも、自動で混雑していない回線に接続してくれる素敵なサービスです。

簡単にいうと、インターネットの速度が速くなるサービスです!

▼続きを読む
Attention: The internal data of table “52” is corrupted!

上記のように「ソネット」「ぷらら」「GMOとくとくBB」「DTI」の4社が独自のキャッシュバック15,000円と他を見てもお得に利用できるのがわかると思います。

ドコモ光のプロバイダを選ぶときはこの4社から選ぶのが鉄則といえますが、この4社の中からどれを選ぶかの基準として無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペックの差があります。下記では各社から借りられるルーターを比較してみました。

レンタルできる無料WiFiのスペックを比較!

先ほどご紹介した4社でレンタルできるWiFiルーターはどれも高品質で、速度もセキュリティもバッチリです。

ですが、より細かく見るとルーターの最大性能に差があります。

せっかく「v6プラス」という高速通信が使えるのですから、WiFiルーターは少しでも速いものをおすすめします。どれを借りても無料ですしね!

 無料で借りられる
WiFiルーター
買ったらいくら?
(メーカー希望小売価格)
最大通信速度
(5GHz)
最大通信速度(2.4GHz)
So-netのロゴ
ソネット
Aterm WG1200HS3(NEC)¥5,821867Mbps300Mbps
ぷららのロゴ
ぷらら
WN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300867Mbps300Mbps
GMOとくとくBBのロゴ
GMOとくとくBB
WXR-1750DHP2(BUFFALO)¥14,3001300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2(NEC)¥9,800※1300Mbps600Mbps
DTIのロゴ
DTI
WRC-1167GST2(ELECOM)¥8,970867Mbps300Mbps

オープン価格のため、Amazonの価格を表示しています

このように比較すると、GMOとくとくBBでレンタルできる2つのWiFiルーターの最高速度が他を圧倒していますね。

そのため、上記4社の中で一番高スペックなWiFiがレンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

ドコモ光を使うときは「GMOとくとくBB」を選ぶようにしましょう!

最もおすすめのプロバイダ
GMOとくとくBB

GMOとくとくBB」はインターネット系の大手企業GMOインターネットが運営しているプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに大きく力を入れています。

GMOとくとくBBからのお申し込みで実質35,000円以上もらえる!

GMOとくとくBBが独自で行なっているキャンペーンがあります。

  • [i class=”circle”][/i]15,000円以上のキャッシュバック
  • [i class=”circle”][/i]最大20,000のdポイント

上記を合わせると35,000円以上もらえます。

では、適用条件はどうなるのでしょうか?もらい方も一緒にみていきましょう!

GMOとくとくBBでもらえるキャッシュバック

GMOとくとくBBでは、3パターンのキャッシュバックがあります。

テレビを見るか、テレビをスポーツ番組も楽しむか、ネット回線のみかでキャッシュバックの金額が変わります。

キャッシュバックと適用条件
20,000円ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo※
18,000円ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)
15,000円ドコモ光(2年定期契約プラン)

注意点として、申し込んだ月から5ヶ月以内にドコモ光を開通することだけ覚えておきましょう!

申し込み後に来るキャッシュバックの案内メールで口座情報を登録すると、登録した月の翌月末に振り込みされます。(例: 1月に口座情報を登録したら、2月末に振り込み)

GMOとくとくBBでもらえるdポイント

GMOとくとくBBでは、新規契約(インターネットを新しく使う、他社回線からの乗り換え)で20,000pt、転用(フレッツ光からの乗り換え)で5,000ptもらえます。

期間限定で、ショッピングなどにしか使えないポイントになりますが、お得になること間違いなしです!

もらえるdポイントと適用条件
20,000円新規+ドコモ光
(2年定期契約プラン)
5,000円転用+ドコモ光
(2年定期契約プラン)

ドコモ光とドコモのスマホ(携帯)の契約者が、dポイントクラブの会員であることが条件になりますので、注意しましょう!

さらにdカード GOLD入会&エントリー&利用で最大14,000円もらえちゃう!

dカード GOLD

dカード GOLDをご入会&エントリー&ご利用で最大14,000円相当をプレゼント + さらにGMOとくとくBB会員なら、「現金交換可能なGMOポイント5,000円分プレゼント」というキャンペーンを行なっています。

上記のdポイントクラブ会員のキャンペーンと併用すれば、最大29,000円もお得になっちゃいます!

さらに、このdカード GOLDでドコモのスマホ(携帯)の支払い、いつものお買い物をすることでどんどん溜まっていきます。(1ポイント=1円)から使えて便利ですよ。

dカード GOLDなら、毎月のドコモ光とドコモのスマホ(携帯)の料金1,000円につき、100ptのdポイントがたまります。

年間で20,000pt以上もらえるのも珍しくないので、この機にdカード GOLDを申し込めば確実にお得にできますよ!

dカード GOLDのお申し込みはこちらから!

GMOとくとくBBがおすすめな理由

最高水準のキャッシュバックに、安く使えるタイプAの料金プラン、高品質のWiFiルーター、1年間無料のセキュリティソフトまでついており、ドコモ光のお得な条件をすべて満たしています。

GMOとくとくBBのセキュリティ

速度に自信があるので、公式サイトでスピードを公開中!

v6プラスで速さに自信があるGMOとくとくBBは、公式サイトで下記のようにスピードを公開しています。

v6プラスを開通している方で、下り速度が100Mbpsを下回った場合、申請をすれば100円相当のポイントをもらうことができます。

このように速度に自信を持っていると、安心できますね!

GMOとくとくBBの速度

GMOとくとくBBで借りられるWiFiルーターのおすすめは?

GMOとくとくBBでは2つの高性能なWiFiルーターを選ぶことができます!

ここまで高品質になると、体感的にもあまりわからないのでお好きなデザインの方を選べばいいんじゃないかと思います。

ツンツンしてるの もいいですよね、、、なんか惹かれます。

GMOとくとくBBのルーター

迷った場合は、2.4GHzでの速度が速い「Aterm WG1900HP2(NEC)」がおすすめです。

また、申し込む時にオペレーターの方と一緒に決めるのもありですね!

他のキャンペーンページですと、無条件では15,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ドコモ光に関してよくあるQ&A

ここでは、ドコモ光でよくある質問についてまとめてみました。

料金プランを変更はできる?(タイプBからタイプAへ変更するなど)

料金の高いプランBから料金の安いプランAに変更をしたい場合があると思います。

ドコモ光の料金プランを変更する場合は、プロバイダを変更することになり、基本的には下記の料金がかかってくることになります。

  • [i class=”circle”][/i]ドコモの事務手数料3,000円(税抜)
  • [i class=”circle”][/i]プロバイダごとの解約料(オプションなどの違約金)

基本的に、単独タイプからAタイプ・Bタイプに変更をする以外は3,000円の事務手数料がかかります。

そして、プロバイダの基本サービスを解約するのはドコモが手続きを代わりにやってくれますが、オプションサービスの解約はご自身で行う必要があり、その際、場合によってはオプションの違約金が発生することがあります。

違約金をとるプロバイダは少ないですが、不安な方は今のプロバイダに問い合わせて聞いてみましょう!

どうやって変えるの?

プロバイダの基本サービスの変更のみであれば、下記どちらかの方法でドコモへ連絡するだけで、プロバイダの変更手続きができます。工事など立ち合いもありません。

ただし、プロバイダのオプションに加入している場合は、ご自身でプロバイダに連絡を入れる必要があります。

連絡が必要かよくわからない場合は、ドコモに連絡するときに一緒に聞いてみましょう!

ドコモ光の光電話を使う時、電話番号はそのまま?

フレッツ光のひかり電話や、固定電話からドコモ光に切り替える時は、基本的にお使いの固定電話の電話番号をそのまま使えます。

ただし、場合によって同じ電話番号を使うことができないことがあるので、申し込みの際にかかってくる電話で確認をしましょう!

また、ドコモ光に電話番号を移してドコモ光を解約する場合は、電話番号をそのまま使うことができないことが多いです。お仕事で使っているなど、絶対に電話番号を変えたくない場合はそのままフレッツ光のひかり電話や、固定電話をつかうのがおすすめです。

ドコモ光ミニって?

「ドコモ光ミニ」は、使った分だけ料金を支払う仕組みの戸建て専用のプランです。

ドコモ光ミニの料金は月額2700円~でプロバイダはご自身で契約する必要があります。

また、ドコモのスマホとセット割で月に500円の割引が受けられます。

下記のように、月額2,700円で200MBまで使え、それを超えると10MBあたり30円の課金が必要になり、上限が5,700円となります。

ドコモ光ミニの料金表

ただし、少し動画を見たりするとすぐ200MBは超えてしまいますし、プロバイダを別で契約しなくてはいけないので、毎日スマホ(携帯)・PCなどを繋げて使いたい方はおすすめではありません。

月に数回、調べ物をする程度の方にぴったりのプランです。

転用とは?

ドコモ光などの光回線について調べていると「転用」という言葉がたくさん出てきますが、あまりピンときませんよね。

「転用」とは、フレッツ光から使い方はそのままで、契約先だけ変更することを言います。

転用とは?

ドコモ光はフレッツ光と同じ回線を使っているため、フレッツ光を利用中の方は工事なしで解約金もなしで簡単に乗り換えができます!

まとめ

ドコモ光の料金をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ドコモ光は、戸建てで5,200円、マンションで4,000円で使えて、さらにドコモのスマホ(携帯)とセットで割引を受けられます!

ドコモ光にして、速度が遅くなったという方もいらっしゃいますが、それはプロバイダ選びに失敗しているケースなので、プロバイダは慎重に選びましょう。

おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」で、申し込みもGMOとくとくBB経由からしてしまいましょう!

他のキャンペーンページですと、無条件では15,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

お読みいただきありがとうござました!