「auひかりは自分の家で使えるのかな」「エリア外の時はどうしたらいいの?」などauひかりの提供エリアのことでお困りではありませんか?

結論から言うと、auひかりのエリアは徐々に拡大されていますがまだまだ狭く、日本の約30%のエリアでは使えないと言われています。

ですが、auひかりが使えるかの判定をせずに諦めてしまうのはもったいないので、1度確認をしてみましょう。

このページではauひかりのエリアについて、現職でインターネット回線を専門に扱っている筆者が世界一丁寧に解説し、エリア外だった時はあなたにぴったりの回線をご紹介します。

このページでわかること
  • さっそく実践!auひかりのエリア検索
  • auひかりがエリア内だった時のおすすめ申込窓口
  • auひかりがエリア外だった時のあなたにぴったりの回線

すべて読めば、auひかりのエリア検索から判定まででき、エリア外だった場合のおすすめ回線までわかります。

さっそく実践!auひかりのエリア検索

さっそくauひかりのエリアを確認していきます。

下記の地図を見て、灰色のエリアで戸建てに住んでいる場合はauひかりが使えません。「」からご覧ください。

オレンジ色がついていた場合(マンションなら灰色でも使える)ざっくりとですがauひかりのエリア内です。

戸建てでauひかりが使えないエリアがある

戸建てで使えない地域
関西エリア 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
東海エリア 岐阜県、愛知県、静岡県、三重県
九州エリア 沖縄県(沖縄に限りマンションでも使えない)

さらに、お住まいの戸建てやマンションなどで使えるかを詳細に見ていきます。

沖縄にお住まいの方は「auひかり ちゅら」というauひかりとは別サービスで展開されているので、エリア検索の仕方も違います。このページの「【沖縄の方はここを見る】auひかり ちゅらのエリア検索方法」からご覧ください。

auひかりのエリア検索の流れ

auひかりのエリア検索の流れを見ていきます。

auひかり ホーム10ギガ・5ギガのエリア検索もこの流れで確認できます。

  • STEP.1

    こちらからauひかり公式のエリア検索ページへいきます。郵便番号で検索をしたい方はこちらから

    auひかりのエリア検索ページにいくとこんな画面

  • STEP.2
    お住まいのタイプと都道府県を選択し、詳細の住所を選択していく

    お住まいのタイプと都道府県を入力し「次へ」を押します。更に詳細に住所を入力していきます。

    エリア検索画面で住所を選択していきます。

  • STEP.3
    エリア判定結果

    エリア検索の判定が出ます。下記画像の場合だと「auひかり ホーム 10ギガ・5ギガ・1ギガ」が使えるということになります。

    エリア検索の判定結果!

    他の場合も、オレンジの枠内の右上に「お申し込み受付中」と出ていればauひかりを使うことができます。

    結果で「auひかり ホーム(S)」と出た場合、auひかりがNTTフレッツ光から借りて提供しているものを使うことになります。基本的に内容に変わりはないですが、1ギガのみの提供になります。

【沖縄の方はここを見る】auひかり ちゅらのエリア検索方法

沖縄には「auひかり ちゅら」があるのですが、運営元が沖縄セルラー電話株式会社とauひかりの運営元のKDDI株式会社と違うので、公式ページも変わり、エリア検索の仕方も変わります。

auひかりがエリア内だった時のおすすめ申込窓口

auひかりがエリア内の場合、auひかりを使うことができます。

ですが、auひかりは申し込む際の窓口でお得度がぐっと変わります。

2019年8月現在、auひかりの代理店NEXTが1番おすすめです。

エリア検索後の申し込みの流れ

  • STEP.0
    心配な場合はもう1度エリア検索をしておきましょう!

    auひかりのエリア判定にはau公式ページを使っていますが、公式から申し込んでしまうと最大50,000円程度損をするので、注意しましょう。

    エリア確認の仕方はこのページの「auひかりのエリア検索の流れ」で確認できます。

  • STEP.1
    代理店のNEXTからauひかりを申し込む
    2019年8月現在、1番お得な窓口「NEXT」からauひかりを申し込みましょう。

    下記リンクから飛び「WEB申し込み」を押して申し込むことができます。

    こちらからauひかりの申込みをします。この窓口から申し込むことで、auひかりの申込み先で1番お得な52,000円を受け取ることができます。

    エリア確認後の申し込み先

    まるばつをあげるひよこさん

    確実に特典を受け取るためにかならずNEXTから申し込みをしましょう!

  • STEP.2
    申し込み後、指定した日時に折り返し電話がかかってくる

    申し込みの際に指定した日時(しなかったら即日がほとんど)に折り返しの電話があります。

    下記の事は必ず聞かれるのでメモしておくと焦らずすみます。

    • 工事日はいつにするか(2週間後以降を3候補あげておく※土日祝は+3,000円の工事費がかかる)
    • スマートバリューを適応するか(もしくは電話を利用するかとも聞かれる)
    • キャンペーンはどちらにするか
    • 個人情報の確認(名前・住所など)
  • STEP.3
    工事日が確定→工事前までに機器が届く

    工事日が確定すると、KDDIから連絡があります。

    工事が必要なオプションを付けたい場合、この時に言っておくとお得です。その後は余計な請求がかかります。

  • STEP.4
    工事の実施

    確定した日に工事が実施されます。

    内容にもよりますが、最大2時間程度かかると考えてその後の予定はあけておきましょう。

    また、当日の立ち合いは契約者でなくてもいいですが、穴をあけるなどの決定をできる人が立ち合いましょう。

  • STEP.5
    機器を設置して利用開始

    工事が完了すると、事前に送られた機器をご自身で設置して利用開始です。

    機器の設置が難しい場合「サポートサービス「かけつけ設定サポート」」というサービスもあるので、確認しておきましょう。
    この段階で以前に使っていた回線の解約をするのが賢いです。

auひかりがエリア外だった時のあなたにぴったりの回線

auひかりがエリア外だった場合、下記2つの観点からぴったりの回線を選びます。

  • auスマホとのセット割を使いたい
  • auスマホを持っていない

auスマホとのセット割を使いたい

auスマホとのセット割を使いたい場合「So-net 光 プラス」か「電力系の光回線」がおすすめです。

電力系の光回線とは、中部電力や関西電力、中国電力、四国電力、九州電力のKDDIグループ企業の5社が独自で行っている光回線です。

見て通り、西日本エリアの地方電力しかないので、提供されているエリアも限られますが、電気料金とのセット割など地域に特化しているからこそできるメリットが多くあります。

下記ではそれぞれの提供エリアを見ていきます。

コミュファ光(東海4県+長野) 愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県
ピカラ光(四国) 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
eo光(関西エリア) 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県
メガエッグ光(中国エリア) 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県
BBIQ(九州エリア) 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

上記いずれにも当てはまらなった場合、So-net 光 プラスがおすすめです。

auスマホを持っていない

auスマホを持っていない場合、お持ちのスマホのキャリアに合った光回線がおすすめです。

  • ソフトバンクスマホ
  • docomoスマホ
  • 格安スマホ(格安SIM)またはスマホを持っていない

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクのスマホをお持ちの場合、お住まいのタイプと地域によっておすすめが変わります。

お住まいが戸建てで、下記のエリアに当てはまる方はNURO光がおすすめです。

NURO光のエリア 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)、九州2県(福岡、佐賀)

マンションにお住まいの方、または当てはまらなかった場合はソフトバンク光がおすすめです。

docomoスマホ

docomoのスマホをお持ちの場合は、ドコモ光がおすすめです。

光回線最大のメリットはスマホとのセット割なのですが、docomoのスマホとのセット割はドコモ光以外にありません。

格安スマホ(格安SIM)またはスマホを持っていない

格安スマホ(格安SIM)またはスマホを持っていない場合、enひかりがおすすめです。

月額料金が光回線最安値の3,300円でいつでも解約OK(契約期間が無いので違約金等もかからない)

初期工事費こそ15,000円かかりますが、それだけで光回線が使い放題になります。

また、格安スマホ(格安SIM)からどこかに乗り換える際もセット割が無いので楽ちんです。